当店では、玉露とかぶせ茶の茶殻は最後におひたしとしてお召し上がりいただけます。

 

また、玉露やかぶせ茶、煎茶などはお好みで三~四煎お飲みいただくことができ、

 

最後は玄米茶としてお楽しみいただけます。

直射日光を遮り育てられた玉露は、苦味を抑え、強いうま味とコクが特徴的な高級茶です。濃厚で深くまろやかな甘みと旨味を、少量の低温の湯でじっくりと舌でころがすように味わうお茶です。当店では、最後に茶殻をおひたしでお召し上がりいただけます。

玉露

かぶせ茶

玉露のうま味と煎茶の爽やかさを合わせ持つ、玉露と煎茶の中間的なお茶です。玉露同様に直射日光を遮り育てられるため、うま味成分が増し、甘味も強く、まろやかな味わいになります。当店では、最後に茶殻をおひたしでお召し上がりいただけます。

一般的に緑茶と呼ばれ、最もよく飲まれているお茶のほとんどが、この「煎茶」です。清涼感のある爽やかな味わいと香りで親しまれ、当店では独自に合組(ブレンド)した「麗葉」をはじめ三種類の煎茶をご用意致しております。

煎茶

深蒸し煎茶

普通の煎茶よりも2~3倍長い時間蒸して作られたお茶を“深蒸し煎茶”と呼びます。青臭みが少なく、長時間蒸される事でお茶の葉が細かくなるため、お茶を淹れた際にお茶の葉そのものが多く含まれ、湯に溶けないβ‐カロテン、ビタミンE、食物繊維も摂取できる特徴をもっています。

蒸し製玉緑茶

製造工程が異なり、茶葉をまっすぐな形状に整えず、お茶の葉の形が「グリ」っと曲がった形の勾玉(まがたま)状になっているのが特徴で、「グリ茶」と呼ばれることもあります。香りも強く爽やかでさっぱりとした口当たりで、飲みやすいお茶です。

雁ヶ音茶

雁ヶ音茶(かりがね茶)とは、製造工程で、葉、茎、粉と分類され、取り除かれた茎の部分を集めたお茶です。地元の生産者が好んで飲むお茶、「ツウのお茶」とも言われ、中でも玉露の茎は、茎だけが持つ独特の風味と甘味を合わせ持つお茶として、珍重されています。

煎茶や番茶を強火で炒り、独特の香ばしさをつけたお茶です。カフェインが少なく、さっぱりとした味わいと香ばしい香りは、焙じ茶ならではの優しい風味です。当店の焙じ茶は、独自に葉と茎を合組(ブレンド)しております。

焙じ茶

番茶

茶葉の摘採期や品質、地域によりさまざまな製法が今も受け継がれているお茶です。香ばしくあっさりとした味わいの番茶は飾らない“素朴さ”が魅力です。カフェインが少ないことからお年を召した方や妊婦さん、お子様にもおすすめです。

京番茶

京都に古くから伝わるお茶。

摘み取った茶葉を蒸し、揉まずに乾燥させているため、茶葉は葉そのものの形が残り、枝までもがそのままの形で入っています。カフェインがほとんどなく、スモーキーな香りが豊かな京都特有のお茶です。

新茶

“新茶”とは、その年の春に採れたお茶のことです。最大の魅力は、“新鮮な旬の美味しさ”です。爽やかで清々しい香り、まろやかな甘みとうま味が凝縮されています。旬の味をお楽しみいただけます。

碾茶(てんちゃ)と呼ばれる茶葉を石臼で挽き、微粉にしたものが「抹茶」です。お茶の葉に含まれている、β‐カロテン、ビタミンE、食物繊維など全て摂取できます。当店では、作法などは気にせず、ご自由に抹茶の味をお楽しみください。

お抹茶

湯温や茶器、淹れ方などにより、お茶の色が写真とは異なる場合がございます。

京番茶-3.JPG